Top

Library

Login

Search Result Details
Previous Next
ドローンの哲学
Holdings: 1 Checked Out: 0
Available for Loan: 1 Holds: 0
Item Status
中央図書館 <003326858>
Available / 技術工学 / / /538.6/ド/  / None
Detailed Information
ISBN-10 4-7503-4692-6
ISBN-13 978-4-7503-4692-2
Title (Kana) ドローン ノ テツガク
Subtitle (Kana) エンカク テクノロジー ト ムジンカ スル センソウ
Author (Kana) シャマユー グレゴワール
Author (Original) Chamayou Grégoire
Author (Kana) トナキ ヨウテツ
Original Title 原タイトル:THÉORIE DU DRONE
NDC 538.6
Publisher (Kana) アカシショテン
Size 19cm
Number of Pages 349p
Related Subject ドローン
Related Subject 戦争
Related Subject 倫理学
Abstract ドローンは世界中を戦場に変え、戦争は「人間狩り(マンハント)」となる。その影響は軍事だけでなく、心理、地理、倫理、法律、政治等々、われわれの社会を大きく変えるだろう。本書は、ドローンがもたらす帰結とは何か、「哲学」的に考察する。
Author Profile 【グレゴワール・シャマユー】1976年生まれ。フランスの哲学研究者。現在、フランス国立科学研究所(CNRS)研究員。専攻は科学哲学。著書に『卑しい身体――18世紀から19世紀にいたる人体実験』など多数。(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)
Author Profile 【渡名喜庸哲】1980年生まれ。慶應義塾大学商学部准教授。専攻はフランス哲学、社会思想。著書に『対立する国家と学問』(共著、勉誠出版、2018年)ほか。(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)