Top

Library

Login

Search Result Details
Previous Next
日本人と動物の歴史
  • 日本人にとって動物とは何か
  • カンゼン 2020.7
  • 實吉 達郎∥著
Holdings: 1 Checked Out: 0
Available for Loan: 1 Holds: 0
Item Status
中央図書館 <003385170>
Available / 社会科学 / / /382.1/ニ/  / None
Detailed Information
ISBN-10 4-86255-560-8
ISBN-13 978-4-86255-560-1
Title (Kana) ニホンジン ト ドウブツ ノ レキシ
Subtitle (Kana) ニホンジン ニ トッテ ドウブツ トワ ナニカ
Author (Kana) サネヨシ タツオ
NDC 382.1
Publisher (Kana) カンゼン
Size 21cm
Number of Pages 271p
Related Subject 日本-風俗 習慣-歴史
Related Subject 動物-日本
Abstract 日本の歴史は常に動物とともにあった。古代・鎌倉・江戸・明治以降のそれぞれの時代において、人と動物の関係性はどのように変化していったのか。歴史上の逸話や伝承、事件などから変遷を紐解いていく。
Author Profile 1929年広島県生まれ。動物研究家、作家。東京農業大学卒業後、宮内庁下総御料牧場、野毛山動物園での勤務を経て、1955年よりブラジルへ渡航。帰国後は動物研究の第一人者として活動。未確認動物「UMA」の名付け親としても知られる。(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)