ホーム > お知らせ

龍ケ崎市読書会連合会結成45周年記念講演 砂原浩太朗講演会を開催します

 令和5年2月19日(日)に『高瀬庄左衛門御留書』(講談社、2021年)等の作者である、時代小説作家の砂原浩太朗(すなはら・こうたろう)氏の講演会が大昭ホール龍ケ崎(龍ケ崎市文化会館)で開催されます。


龍ケ崎市読書会連合会結成45周年記念講演 砂原浩太朗講演会 時代小説の魅力


日時:令和5年2月19日(
    午後1時30分開演(12時30分開場)
    ご来場の際はマスクの着用をお願い致します。
    状況により開催を急遽中止することがあります。予めご了承ください。

場所:大昭ホール龍ケ崎(龍ケ崎市文化会館) 大ホール

定員:事前申込先着400名

申込:「往復はがき」か「応募フォーム」で応募。1月20日(金)から申し込み受付開始。
     (応募フォームの受付は1月20日(金)午前9:30から開始

 往復はがきの場合  応募フォームの場合
 往復はがきに①~③を明記のうえ、2023年2月3日(金)必着までにお申込みください。先着順で定員になり次第締め切ります。結果は2月10日頃に返信はがきでお知らせします。

1枚のはがきで2名様までお申し込みできます。2名様分の必要事項をご記入ください。

①往信表面…下記お問合せ先住所
②往信裏面…「講演会希望」と明記の              うえ、参加者分の住所・氏名・          電話番号
③返信表面…申込者の住所・氏名

※1月20日より前に到着したはがきについては受付できませんのでご注意ください。

 講演会応募フォームよりお申込できます。結果は2月10日頃に記入いただいたメールアドレスにお知らせします。

応募フォームからの申込は1回のお申し込みで1名様までとなります。


応募フォーム




【プロフィール】砂原浩太朗(すなはら・こうたろう)


1969年生まれ、兵庫県神戸市出身。早稲田大学第一文学部卒業後、出版社勤務を経て、
フリーのライター・編集・校正者となる。2016年、「いのちがけ」で第2回決戦!小説大賞を
受賞しデビュー。2021年、『高瀬庄左衛門御留書』が第34回山本周五郎賞、第165回直木賞
候補となる。また同作で第9回野村胡堂文学賞、第15回舟橋聖一文学賞、第11回本屋が
選ぶ時代小説大賞を受賞、「本の雑誌」同年上半期ベスト10で第1位に選出。2022年、
『黛家の兄弟』で第35回山本周五郎賞を受賞。他の著書に『いのちがけ 加賀百万石の礎』
『逆転の戦国史』などがある。



                                 主催
               龍ケ崎市読書会連合会 龍ケ崎市教育委員会 龍ケ崎市図書館
                         お問合せ:龍ケ崎市立中央図書館
                                 〒301-0004
                                 茨城県龍ケ崎市馴馬町2630番地
                                 (0297)64-2202



ページの先頭へ