ホーム > 牛山ライブラリー

牛山ライブラリー

牛山純一ライブラリーとは

 代表作「老人と鷹」(カンヌ・ユーロビジョン・グランプリ)や「すばらしい世界旅行」などで映像の世界に「ドキュメンタリー分野」を確立した世界的プロデューサー、故・牛山純一氏。牛山純一記念ライブラリーには、氏が世界中を飛び回って収録した貴重な映像作品752本がビデオとして保管されており、館内のビデオ鑑賞コーナーで見ることができます。また、2階のギャラリーには写真やトロフィー・盾などゆかりの品々が展示され、氏の偉大な足跡を辿ることができます。
ギャラリー


牛山純一ライブラリー作品一覧




 平成30年9月19日(水)牛山ライブラリーが中国中央電視台の撮影に協力しました



令和2年度 特選ドキュメンタリー

  • 会場 中央図書館2階鑑賞室
  • 時間 午後2時より
  • 定員 30名(先着順)…入場無料・予約不要

令和2年度スケジュール  

上映日 上映作品 時間
4/18(土) 世界の民族 すばらしい世界旅行
  200万人の大巡礼 遊民のベドウィン族
  ゴビ砂漠の野生馬
新型コロナウイス感染症対策のため中止
50分
5/31(日 世界の野生 すばらしい世界旅行
 アフリカ猛獣牧場(前・後)

新型コロナウイス感染症対策のため中止
50分
6/27(土 生きている人間旅行
 生きているオリンピック
   (1)初参加からロス大会
   (2)ベルリン大会

新型コロナウイス感染症対策のため中止
50分
7/19(日 生きている人間旅行
 生きているオリンピック 無敵!水泳日本
   (3)前畑2位に泣く
   (4)前畑、古橋決勝す

新型コロナウイス感染症対策のため中止
50分
8/29(土) ポピュラーサイエンス 知られざる世界
 父・夫・子を奪われた日 女にとって戦争とは
 生きている玉砕の島 サイパンの海底をゆく」
新型コロナウイス感染症対策のため中止
50分
9/27(日) ナゾの海底探検
 特集 海に潜るミニ恐竜
 夢のイルカ作戦

新型コロナウイス感染症対策のため中止
50分
10/24(土) たのしい歴史旅行
 映画発明史(前・後)
  絵が写った
  絵が動いた

新型コロナウイス感染症対策のため中止
50分
11/29(日)
牛山純一と仲間たち 世界民族紀行
 アマゾン・シングー川に生きる
  カマユラ族と精霊
  カヤビ族と精霊
60分
12/19(土) 牛山純一と仲間たち
 世界民族紀行・南ヨーロッパ人間模様
  (1)歌う下町っ子
  (2)恋のサンタルチア
60分
1/24(日) 知られざる世界
 ウバザメの神秘―サメ信仰と日本人―
世界の民族 すばらしい世界旅行
 観音浄土の世界 舟山群島と日本人
50分 
2/28(日)   ポピュラー・サイエンス すばらしい世界旅行
  灼熱の溶岩と闘う アイスランド
 ポピュラー・サイエンス 知られざる世界
  地下千米の核シェルター 米国の生き残り作戦
 50分
3/28(日)  考古・遺跡 知られざる世界
 雲崗−敦煌 中国の三大石窟をゆく
 龍門-敦煌 中国の三大石窟をゆく
50分 

ページの先頭へ


牛山純一プロフィール

牛山純一(うしやまじゅんいち、1930年生まれ)

1953年、日本テレビ一期生として映像の世界に入る。1962年にはカンヌ映画祭で「老人と鷹」(=ノンフィクション劇場)がドキュメンタリー部門のグランプリを獲得し、世界的な名声を得る。1966年から24年間テレビでロングランを続けた「すばらしい世界旅行」は、海外でも放送されるなどその評価の高さを物語る。1961年には、「日本映像記録センター」を設立。数々の秀作を生み出すとともにノンフィクション作品の記録、保存に取り組むなど、1997年に亡くなるまで第一人者としてドキュメンタリーの発展に尽くした。
氏と龍ケ崎市の関わりは、氏が小学6年生の時に、東京都内から当時の大宮村に引っ越してきたのが始まりで、竜ヶ崎中学校(現竜ヶ崎一高)を卒業するまで龍ケ崎市で多感な青年時代を過ごし、生涯龍ケ崎市に特別の思いを寄せていた。「自分の映像をふるさと(龍ケ崎市)に保管してほしい」という牛山氏の生前の希望から、代表作600本が1998年日本映像記録センターから寄付され、市図書館内に牛山純一ライブラリーがオープンした。


ページの先頭へ